« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

緑風さわやかにヒメサユリの森散策

 2010年6月13日、“緑風さわやかにヒメサユリの森”(山形県大江町・大山自然公園)を71人で歩いてきました。P1000161

 「さあー、出発」。歩き始めたら前の方から「咲いている、“やったー”」の声。「ヒメサユリ、私たちをお迎えしているようですね」と感激するウォーカーたち。自然公園には、樹木や草花の中に遊歩道(8㎞)があり、緑の風をまるごと吸いながらの散策です。

 ヒメサユリは、その可憐な姿からオトメユリとも呼ばれています。ほのかな香りがあり、花色は淡い桃色から濃い桃色まで、白色の花も見られました。茎は細く円柱形で無毛、高さが30㎝から50㎝以上もありました。「愛らしい花でしよう」と地元の人が誇らしげに語っていました。P1000167

 群生するヒメサユリ、可憐なピンク色の花が緑と青空に映えて訪れる人を魅了します。「地元住民と中学生が毎年、植栽を続けていることもあり、約6万株が、可憐に咲き誇っている」と紹介されています。公園からは、残雪の月山が見えました。

 参加した女性は、「ゆっくり散策できてよかった。ヒメサユリは、可憐で可愛い花なので、“お花で使う”ことがあるのですが、こんなに群生しているのを見たのは初めてです。感激・感激でした」と話していました。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »