« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月

繁栄盛衰を今に伝える陸奥の都・平泉

 2011年7月17日、「繁栄盛衰を今に伝える陸奥の都・平泉」(岩手)を61人で歩いて来ました。(写真)Photo

 平安時代後期(11~12世紀)奥州平泉に陸奥の豪族藤原清衡を父として子の基衡、孫の秀衡のいわゆる奥州藤原三代がおよそ100年にわたって築いたと紹介される平泉文化。この度、平泉文化遺産を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は、「仏国土(浄土)の世界を現世に表現した文化的価値」として世界文化遺産に登録しました。

 歴史の情緒を感じながら金鶏山(きんけいさん)、観自在王院(かんじざいおういん)跡、毛越寺、無量光院(むりょうこういん)跡、そして国宝で金色堂がある中尊寺などの五遺跡を巡るウォークです。P1010616

 当時の趣を想像しながら「過去へと時を刻むような良い町並みですねぇー」とウォーカーたち。「久しぶりのウオーキングでしたが“歩けた”」と感動している人。「暑くて“ズル”しちゃったー」と語る人。皆さん楽しんでいました。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »