« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

すこし“さびしかった”桜並木!

 宮城県スポーツ連盟仙台ウオーキングクラブは22日、「明治潜穴公園と高城川沿いの桜並木」(松島町)を48人で歩いて来ました。

 東北本線愛宕駅から明治潜穴の出口をめざします。「高城川は、人工的に開かれた河川」の説明に、参加者らは「すごい干拓事業だったのですねー」と感心していました。

 長松園森林公園に上ると「独特な花を咲かせる人気の野草カタクリが咲いているー」、「ショウジョウバカマもいっぱい咲いているよ」と声をかけ合いながら明治潜穴公園に進みます。P1020330

 この公園から約2㌔の高城川沿いは「松島の隠れた名所」と紹介される156本の桜並木なのですが開花していませんでした。堤防に咲くスイセンや満開のうめを愛でながらの昼食もまた楽しそうでした。

 帰りは、品井沼駅まで、「今日は、けっこう歩きました」と参加者たち、なかなかにぎやかな時間でした。

| | コメント (0)

昔をしのんで名刹めぐり

 2012年3月25日、仙台市の「北山の寺々を訪ねて、昔しのんだ名刹めぐり」を約3時間、35人で歩いて来ました。P1020255

 仙山線北仙台駅から出発して、伊達氏初代朝宗の夫人光明寺殿の菩提寺「光明寺」に行きました。支倉六右衛門常長の墓と、支倉一行を案内したソテロの碑がある所です。「東昌寺」には、国指定天然記念物のマルミガヤが樹齢500年の年月を誇っていました。政宗の父輝宗の菩提寺「覚範寺」では八脚門の仁王門の貫禄に「立派ですねェー」の声があがります。「資福寺」は、花期には約500株もの見事な花を咲かす所で、「アジサイ寺」とも呼ばれています。ここには明治時代の自由民権運動の活動家で、五日市憲法をつくった千葉卓三郎の碑がありました。曹洞宗の名門「輪王寺」へ。さらに「戦災死歿精霊供養碑」(北山霊園)に進み、仙台大空襲(1945年7月10日未明)により奪われた尊い諸霊のご冥福を祈りました。そして政宗公の灰塚の地に本堂を建立したといわれる「大願寺」に向かいました。P1020258

 参加者からは、「今日は、お天気もよく良かった。近くにいても知らないことが多く大変勉強になりました」と、さわやかな顔で帰途に着いていました。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »