« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月

白糸の滝・美豆・小黒ヶ崎を歩く

 2012年6月10日、「芭蕉が訪ねた“川渡”の地」(大崎市)を30人で歩いてきました。P1020540

 川渡は、鳴子温泉郷の東に位置する江戸時代からの閑静な温泉地です。豊な緑とのどかな田園風景が見事なところです。P1020541

 陸羽東線川渡温泉駅から川渡大橋を渡って白糸の滝に向かいました。白糸の滝は、張り石の上を流れ落ちる水。まわりの緑と競演した風景にしばし足をとめます。さらに、小見川原橋を渡って美豆(みづ)の小島、小黒ヶ崎(おぐろがさき)と歩きます。

 美豆の小島の近くには「おぐろさきみつのこじまの人ならば、宮このつとにいざといはましを」の歌碑がありました。その先、矢木のカヤ桜、あ・ら・伊達な道の駅までのウオーキングでした。

 参加者からは、「10㎞の道、よく歩いたわねェー」「緑も濃く、遠望もきれいで、知らないうちにあるいたわ」などと話が弾みます。「晴、時々小雨の天気で、かえって歩けたのかもね」との感想も聞かれました。

 気分スッキリのウオーキングでした。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »